HAWAIAN JEWELRY PUA ALLY ロゴ

magazine

プレーンエッジ加工のプアアリハワイアンジュエリーリング

どっちを選ぶ?K14とK18の違いと特徴

INDEX

K14(14金)とK18(18金)は、何がどう違うのか?プアアリの職人チームに聞いてみました。と言うのも、プアアリは店舗の中に職人たちが常駐するアトリエを併設しており、ジュエリーのもととなる地金から作り上げているのです。それぞれの違いやどんなジュエリーに向いているのかを、教えてもらいましょう。

そもそも、K14とK18ってどう違う?

大きな違いは、「①金の含有量」と「②硬さ」の2点。

現在ジュエリーとして流通しているものだと、K9〜K24まであり、数字が大きい方が金の含有量が高く、高価なものとなっています。ただし、ジュエリーという身につける装飾品だと、純金は柔らかすぎるため、すぐに変形したり彫りが削れてしまう。そのため、繊細なハワイアンジュエリーでは硬さが出せるK14の商品が多いのです。

金の含有量と表記

現在、純度99.99%以上のものを純金といいます。そして金の含有率は24分率で表示され、純金の事を24金(K24【Kはカラットという単位です】)と表示します。なぜ24分率なのかというと、最初に金を使い始めたと言われているメソポタミア文明では太陽暦などで24分率が使われていたからです。1日が24時間区切りになっているのもそこからです。

名称   金の含有率
K24 (24分の24)= 99.99%
K22 (24分の22)= 91.6%
K20 (24分の20)= 83.3%
K18 (24分の18)= 75%
K14 (24分の14)= 58.3%
K10 (24分の10)= 41.6%
K9   (24分の9)= 37.5%

この中でハワイアンジュエリーに多く使わているのが14金です。表を見て分かると思いますが、14金と比べて18金の方が多く金を含んでいます。

押される圧力に対してどのくらい変形しないでいられるかという検査にて出される値をビッカーズ硬度といいます。単位はHVというものが使われます。※下の表の各金種で硬度に「~」がついているのは、加工硬化や時効硬化などによって硬さには変化があるからです。

ビッカーズ硬度からみる金属の硬さの違い

  ビッカーズ硬度
K24 25Hv~
K22 60Hv~
    
  K18 イエローゴールド 140Hv~
  K18 ピンクゴールド 150Hv~
  K18 サクラゴールド 170Hv~
  K18 ホワイトゴールド 140Hv~
  K18 グリーンゴールド 40Hv~
    
K14 220Hv~
    
Silver(純銀) 25Hv~
Silver925 65Hv~

表から、純金と純銀は軟らかすぎて装飾品に向かないこと、14金(K14)は18金(K18)に比べて約1.5倍前後硬いことが分かります。 

美しい彫りを保つために必要な硬さ

ジュエリーは身につけてこそ価値があるもの。変形しにくく、輝きが持続する硬さの地金を使うことが、とても大切だと考えています。特に、ハワイアンジュエリーに欠かせない、自然のモチーフや模様を彫り込んでいく繊細なデザインに、地金の硬さは必要不可欠な要素です。

特に、結婚指輪など日常生活で自然と摩耗していくものも、なるべく長く美しく保つために工夫していることがあります。

鍛造で仕上げる、職人技の一本

それは、鍛造という技法。日本では刀を製造するときの技法として知られていますが、金属を叩いて鍛え、強度を上げていくというもの。硬く鍛え上げた金属に、繊細な模様を彫り上げていく。まさに職人技です。

型に流し込んで作る指輪とは、彫りのエッジや深さ・輝きがまるで違うので、ぜひお手に取って確かめてみてくださいね。

Related article

|関連記事|

Latest Article
Tags

結婚してください

2024年02月28日

ものすごく長い間待たせてしまったけど、ついにプロポーズする決心がつきました。いつもマイペースな自分についてきてくれてありがとう。受け取ってくれると嬉しいです。

O.M

病気に勝つぞ

2023年10月10日

絶対治して、またハワイに行こう。このネックレスがお守りになりますように。

ゆうじ

Reservation

ご来店予約

Contact us

お問い合わせ

©Puaally All Rights Reserved.