HAWAIAN JEWELRY PUA ALLY ロゴ

READYMADE RING

レディーメイドリング

レディメイドリング

その日に持ち帰れるハワイアンジュエリー!

誕生日・記念日のプレゼントにもオススメなプアアリのレディメイドリング

ハワイアンの伝統と確かな技術を受け継ぐ職人が丁寧にハンドメイドで生み出すハワイアンジュエリー。鍛造の地金から全て日本の職人の手仕事で作っています。深くて密度のある手彫りの模様は全て真剣勝負の一点ものです。

ハワイアンジュエリーは手彫りで一本一本彫るため、通常はオーダーメイドにて4~5週間いただいてお客様だけのリングを作り上げます。すぐに手元に欲しいという声にお応えし、PUA ALLYではその場でお持ち帰りが出来るよう、決まった「幅・厚み・金種・サイズ・模様」のリングをご用意しております。

なるべく全種類を揃えておりますが、職人の手彫り故、お待たせしてしまう事もございますので、事前にお問い合わせいただけると確実です。
また、模様やサイズなどこだわりたいというお客様はオーダーメイドリングをお勧めいたします。

レディメイドリングイメージ

ハワイアンジュエリーのリングはハワイ好きや海好きだけでなく、大切な人へのプレゼントや自分へのご褒美ジュエリーとしてもオススメです。
ハワイアンジュエリーのリングは意味のあるモチーフや彫られている模様を通して、プレゼントした相手に自分の想いを伝えることができます。
モチーフや模様にはそれぞれ意味があり、文字を持たなかったネイティブハワイアンたちは、さまざまなモチーフを組み合わせることで、お互いの気持ちを伝え合っていました。

ところで、日本でハワイアンジュエリーのリングを買うと、手元に届くまで1ヶ月〜3ヶ月ほど待たなくてはいけないというのをご存知ですか?
ハワイアンジュエリーというのは基本的にオーダーメイドです。しかし、日本にはハワイアンジュエリー職人が少なく、ほとんどのショップがハワイ現地の工房に制作を委託しているため、オーダーしてから手元に届くまで時間がかかってしまうのです。

それでは「プレゼント当日まで時間がない」「サプライズでプレゼントしたいので、すぐ受け取りたい」という人は諦めるべきなのでしょうか?
いいえ、決してそんなことはありません。

ハワイアンジュエリーPUA ALLYの「レディメイドリング」なら、買ったその日に持ち帰ることが可能です。
レディメイドリングイメージ

ハワイアンジュエリーのレディメイドリングって?

「ハワイアンリングをプレゼントしたいけれど、届くまで何ヶ月も待てない」そんな方にご紹介したいのが、PUA ALLYのレディメイドリングです。レディメイドというのは日本語で「既製品」という意味。レディメイドと反対の意味の言葉がオーダーメイドです。

1から時間をかけてすべてを選ぶオーダーメイドに対し、レディメイドリングではデザインや素材があらかじめ決まっているため、時間がかかりません。

PUA ALLYのレディメイドリングなら
最短で当日の持ち帰りも可能!

PUA ALLYは東京・恵比寿という好立地にあり、ショップには工房が併設されています。日本でハワイアンジュエリーに精通した職人が常駐しているお店というのは、あまり他にありません。お客様からのご要望に即対応できる体制が整っていることから、PUA ALLYのレディメイドリングは「オーダーリングと同じクオリティのリングをその日に持ち帰れる」という、他のお店では不可能とされていることを可能にしているのです。

クムリポ,ハワイアンジュエリー,プアアリ

大切な人に愛を伝えるプアアリのレディメイドリング

PUA ALLYのレディメイドリングにほどこされている彫り模様は「クムリポ」という模様です。クムリポには「スクロール(波)」「マイレの葉」「ハイビスカス」の3つのモチーフが彫られています。ハワイの美しい海の象徴であるスクロールには「幸せを運んでくる」という意味があります。寄せては返す波は、海の向こうから宝物を運んできてくれると信じられているからです。

ハワイ固有のツル植物、マイレの葉は神が宿ると言われ「強い絆」という意味があります。ハワイアンウェディングで使われるレイの素材として、ご存知の方も多いかもしれませんね。

ハワイの州花であるハイビスカスは、「幸せな未来」や「希望」といった意味を持っています。日本人にも馴染み深いハイビスカスの花は、ハワイアンジュエリーのモチーフとしても愛されています。

この3つのモチーフを組み合わせたクムリポの模様は「愛する人を守る」という意味を持ち、古くからハワイの人々の間でお守りのように着けられてきました。このように、クムリポ模様のハワイアンリングというのは大切な人へのプレゼントとしてぴったりなのです。

レディメイドリングイメージ

ハワイアンジュエリーに適した金種って?

PUA ALLYのレディメイドリングでは、シルバー、K10(10金)、K14(14金)の中から金種をお選びいただけます。さらにK14では、イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、3種類のゴールドカラーをご用意しています。

PUA ALLYが特におすすめする金種は「K14」。K14は、K18(18金)より硬い、耐久性にすぐれた金属です。美しい彫りの模様を永く保つ為、本場ハワイのハワイアンジュエリーでもK14を使うのが主流です。

シルバーは硫黄に反応すると黒ずむ性質があり、空気中のわずかな硫黄に触れただけでも色が変わってしまいます。そのためシルバーのジュエリーは毎日磨くといったお手入れが必要です。

レディメイドリングイメージ

ゴールドは変色に強い金属ですが、同時に、非常に柔らかいという性質も持ち合わせています。そのためジュエリーなどで使われるゴールドは硬度を補うため、他の硬い金属が混ぜられています。金属中に含まれるゴールドの量はK18やK14のように数字で表され、数字が大きくなるほど使われているゴールドの量が多くなります。

K14はK18よりも使われているゴールドの量は少ないですが、その分、丈夫で傷付きにくいというメリットがあるのです。

そのほかにも、K14はゴールド特有の黄色っぽさが控えめなので、イエローゴールドの色味が苦手な人にもちょうどいい色味だったり、ピンクゴールドの色味がきれいに見えるといったよさも持っています。

もともとハワイアンジュエリーというのは、先祖代々受け継がれていく家宝のような役割がありました。プレゼントやご褒美ジュエリーでも、長く大切に使われることを思えば、K14がハワイアンリングの素材としてもっとも適していると言えるでしょう。

レディメイドリングイメージ

PUA ALLYならダイヤモンドが入っている特別なリングもその日に持ち帰れる!

ダイヤモンドと聞いて、まず思い浮かべるような無色透明のものがホワイトダイヤモンド。深い海のように透き通った青色のものがブルーダイヤモンドです。ダイヤモンドは色によって、石の持つ意味に違いがあります。

ホワイトダイヤモンドとブルーダイヤモンドが持つ意味

ホワイトダイヤモンドの石言葉は「純粋な愛」。
ホワイトダイヤモンドというのは炭素のみで構成されていることから、そのような意味を持つようになりました。ブライダルリングにダイヤモンドがよく使われるのも、この石言葉を聞けば納得ですね。

ブルーダイヤモンドの石言葉は「永遠の幸せ」。その他にも「絆を深める」「大切な人の幸せを願う」「魅力や才能を引き出す」といった意味があります。ブルーダイヤモンドは、炭素の中にホウ素という成分が混ざることにより生まれます。ホウ素は地上付近にしか存在しないため、ブルーダイヤモンドはカラーダイヤモンドの中でも特に採取量が少なく、稀少性の高い石です。

レディメイドリングイメージ

ブルーダイヤモンドはハワイアンジュエリーでも「幸福を願う海からの贈りもの」として、お守りのように使われています。

また、結婚式で花嫁が身に着けることで結婚生活が幸せになるという「サムシング・ブルー」のアイテムとしても、近年人気が急上昇しています。

ご存知の通り、ダイヤモンドというのは非常に価値のある宝石です。レディメイドリングにダイヤモンドをプラスすれば、特別感がアップし、相手の方にもきっと喜ばれることでしょう。

Reservation

|ご来店予約|

Contact us

|お問い合わせ|

結婚してください

2024年02月28日

ものすごく長い間待たせてしまったけど、ついにプロポーズする決心がつきました。いつもマイペースな自分についてきてくれてありがとう。受け取ってくれると嬉しいです。

O.M

病気に勝つぞ

2023年10月10日

絶対治して、またハワイに行こう。このネックレスがお守りになりますように。

ゆうじ

Reservation

ご来店予約

Contact us

お問い合わせ

©Puaally All Rights Reserved.