HAWAIAN JEWELRY PUA ALLY ロゴ

magazine

知らなかった!ハロウィンの起源や仮装の本当の意味って?

INDEX

ハロウィンの起源は?


みなさん、毎年思い思いの仮装をして楽しんでいると思いますが、

ハロウィンの本来の「意味」を知っていますか?

ハロウィンの起源となったのが、
今から2000年以上も昔のヨーロッパ。

アイルランド人の祖先である
ケルト人達が行っていた儀式がはじまりだそうです。

10月31日は今でいう大晦日にあたり、
新年と収穫を祝い「新年の悪霊払い」をするという
意味を込めてお祭りを行っていたそうです。

この日は死後の世界と、この世の境がなくなり
死者の魂と一緒に悪霊が降りてくるとされていたので

悪霊払いのお祭りをしていたんですね。


ハロウィンで仮装する”本当”の意味って?

古代ケルト人の間では
10月31日は、
”死者の世界と現世の間の門が開かれ、死者の魂が悪霊や魔女と一緒にこの世に降りて来る”

と言い伝えらえていました。

魔女や悪霊は人間の魂を奪うと信じられていました。

降りてきた悪霊たちに
人間であると気づかれて悪さをされない様に

 「同じ悪霊です!」とアピールするため、
恐ろしいゾンビや悪霊の仮装をするんですね!

また「魔除け」の意味で仮装していたという言い伝えもあります。

なぜ、ハロウィンには「かぼちゃ」なの?

ハロウィンといえば、かぼちゃ。

ハロウィンを象徴するモチーフとしても親しまれていますよね。

 
どうしてハロウィンにかぼちゃなのでしょうか?
 
そしてよく見かけるかぼちゃをくり抜いた
かぼちゃのランタンにはどんな意味があるのでしょうか?

その答えは、
「アイルランドの古い伝説」の中にあります。
 
アイルランドと言えば、
ハロウィン誕生の地でしたよね。

それでは伝説をご紹介します。

これは、”ジャック”という日頃から悪いことばかりする男のお話です。
 
それは、ハロウィンの夜です。
ジャックはいつものようにお酒を飲んでいました。
 
すると、そこに悪魔が現れジャックの魂を奪おうとします。
 
悪魔に魂を取られそうになったジャックは、
 
悪知恵を働かせ
「自分の魂と引き換えに、お酒を一杯奢ってほしい!」
 
そういって、悪魔にお願いをしました。
 
ジャックのお願いを聞き入れた悪魔は
すんなりと、コインに変身をしたそうです。
 
その隙に、ジャックは十字架を取り出し
コインになった悪魔を押さえつけたそうです。
 
悪魔を嘘で騙して自分の魂を取らないようにと
約束をさせたことが始まりでした。
 
十字架のせいで元の姿に戻れなくなった悪魔は困り果てた末、
 
「今後10年間は魂を奪わない」
 
そう約束して十字架から解放してもらい、
その場から消え去りました。

約束の10年後。
再びジャックの前に悪魔が現れます。

今度こそ魂を奪おうとする悪魔ですが、
ずる賢いジャックは

「人生最期のお願いに、木の上のリンゴを取ってきてほしい」

と悪魔にお願いします。

お人よしの悪魔は、
またもやジャックの願いを聞き入れて木に登り始めます。

悪魔が木のてっぺんまで登り切ったところで
ジャックはナイフを取り出し、木の幹に十字架を刻み込みました。

これでは悪魔は木から降りられません。

悪魔は観念し
「もう二度とジャックの魂を奪わない」と約束して去っていきました。

その後、ジャックは年老いて亡くなり、

生前悪いことばかりをしてきたジャックは
天国に行くことができず、地獄へと向かいます。

しかし、地獄の門の前にいたのは
むかし騙したあの悪魔でした。

しかし、悪魔はこう言いました。
 
「お前の魂を奪わないと約束したではないか」
 
そう言ってジャックを追い返します。
 
これまで悪魔に魂を取られそうになるたび、
 
悪魔を嘘でだまして、
最後は自分の魂を取らないよう
約束をしてしまったジャック。
 
それが死後になって裏目となり、
天国にも地獄にも行けなくなってしまいました。
 
途方に暮れたジャックは、
 

近くにあったカブをくり抜き

その中に悪魔から貰った火種を置いて、ランタンにしました。

今でも暗い夜道をランタンの灯りを頼りに、

さまよい続けているそうです。。。

これが、古くより伝わる
「ジャック・オー・ランタンの伝説」です。
 
ジャックが持っていたのは「カブ」のランタンですが、
 
ハロウィンが伝わった当時のアメリカは、
カブの生産量が少なく
収穫が多かった「かぼちゃ」で代用したのがはじまりだったのです。
 
ただ本場のアイルランド地域では、カブを使っているようです。

あるフルーツで作る、ランタンが可愛い!

ランタンはかぼちゃで作るのが定番となっていますが、

実は最近のハロウィンでは、

新顔ジャック・オ・ランタン、” パイナップル” で作る方が急増しています!

中身をそのまま食べられて、

ハロウィンなのに南国の雰囲気が味わえますね。

ハワイをはじめとする暖かい地域で誕生し、

InstagramなどのSNSで世界中に広がっているようです!

ハワイアンモチーフとしても人気のパイナップルには

「金運」「感謝・歓迎」「おもてなし」意味が込められています。

ハロウィンでゲストを招いてパーティーをするときは

なぜパイナップルなのか

「感謝・歓迎」の意味を込めて

ゲストにお話しをしてあげてくださいね。

実はハロウィンカラーには意味があった!

ハロウィンといえば代表的なカラー

オレンジや黒の組み合わせが定番ですよね。

なんとなくオレンジは「かぼちゃ」

黒は「夜」や「おばけ」

こういったイメージがあると思いますが

実はこのハロウィンカラーには

きちんとした“意味”があるそうです!

ハロウィンに関する【オレンジ】

元々収穫を祝う行事であったハロウィンでの

「作物・果実の収穫」「太陽の恵み」を表す色で

収穫祭を表す意味があります。

オレンジには“温かさ”や“エネルギー”を感じられることから

食欲増進効果があるようで、

まさに食欲の秋にはぴったりですね。

日本では橙(だいだい)にあたり、

縁起の良い色ともいわれているそうです。

ハロウィンに関する【黒】
 
ハロウィン発祥のケルトの人々が
最も恐れていた「魔女」を表す色。
 
収穫が終わると暗い冬の季節が始まり
魔女が出やすくなると信じられてきたのです。
 
「黒猫」や「カラス」といった
魔女の使いとされていた黒いモノや、
 
死者を迎え、霊を鎮める意味があります。
 
黒は無彩色で少しネガティブさがありますが
高級・威厳といった良さもあります。
 
オレンジの明るい色と組み合わせることで
不気味さだけではなく
明るい収穫祭のイメージになるんですね。

ハワイでは3年ぶりに開催!(2022年版)

 

2022年ワイキキ最大のハロウィン仮装コンテスト

なんと、3年ぶりに帰ってくるそうです!

例年100名以上の家族連れが参加する
ロイヤル・ハワイアン・センター主催の
「ハロウィン・ケイキ・コスチュームコンテスト」開催されます。
 
地元のセレブリティ審査員たちが各カテゴリーでコスチュームを審査し、
1~3位までの入賞者には豪華な賞品も用意されているそうです!
 

本場のハロウィンイベントの

雰囲気や盛り上がりをぜひ味わってみたいですね。

Trick or treat?(トリック・オア・トリート)って何?

ハロウィンの夜、子供たちは
「Trick or treat(トリック・オア・トリート)」
『何かくれないと悪さをするぞ』と言いお菓子をもらって歩きます。

日本でもハロウィンのイベントで子供にお菓子を配ったりしていますよね。
 

これは、悪霊が家に入らない様、

お菓子で気をよくさせて帰ってもらうという意味があります。


ただ仮装をするだけの日ではなく、

古くから語り継がれる意味があったんですね!!

意味や起源を知っているだけで、

物事は何倍もおもしろくなります♪♪♪

Related article

|関連記事|

Latest Article
Tags

結婚してください

2024年02月28日

ものすごく長い間待たせてしまったけど、ついにプロポーズする決心がつきました。いつもマイペースな自分についてきてくれてありがとう。受け取ってくれると嬉しいです。

O.M

病気に勝つぞ

2023年10月10日

絶対治して、またハワイに行こう。このネックレスがお守りになりますように。

ゆうじ

Reservation

ご来店予約

Contact us

お問い合わせ

©Puaally All Rights Reserved.